<< 三人静 | main | 「さくらです。」 >>

いつの間にか

 つい先日まで「新緑はかわいいね」等と、その淡い緑に目を細めていたが、気がつけばいつの間にか万緑の豊かな森に成長していた。はたしてこの森に何色の緑があるのだろうか。識別不能に思える多様な緑色がめのまえにあると、思わず深呼吸をしてみたくなる。

 海の子は、千里寄せ来る波の気を吸って童になるそうで、これは元気な子を育む大切な要素だろう。山の子は、山から沸き立つ万緑の森の気を吸って、元気な童になるのだろう。

 つい先日、エゾヒグラシも鳴き出した。北国は短すぎる春を一気に駆け抜けて、初夏に入ったようだ。画像は近くの曲沢沼。写真愛好家がよく作品にする、湖面に写る緑を撮ってみた。

 

at 13:50, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/571