<< 季節がら | main | 初物 >>

初めてかもしれない

 ブルーベリーを摘もうかと行ってみると、枝の先に赤くない赤トンボが1匹とまっている。10年くらい前は、「佃煮にするくらい」という慣用句がつかえるくらい沢山の赤トンボが、避暑を目的に飛来した。

 しかし、最近は数が激減している。田んぼでの農薬の使用が原因ではともいわれているが、飛来地が変わったのかもしれない。それによって鳥の餌が減ってなどと、食物連鎖に影響があるのかもしれない。今読んでいる「ちょうるい学者だからって、鳥が好きだと思うなよ」という本の影響か、そんなことを思った。

at 16:16, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/594