<< 懐かしさのあまりおもわず | main | 秋のジャム続いて第二弾 >>

秋のジャム作りの始まり

 知り合いが、「ジャムつくるんだよなあ」といってプルーンを持ってきてくれた。曽原の方からの頂き物のおすそ分けとのこと。私の周辺にジャム作りのことが知られていてこんなことが時々起こる。

 プルーンのジャムは25パーセントの砂糖を入れて煮て、後で種をとる。種も大きいのですこぶる簡単。皮から赤紫のきれいな色が出る。

 間もなく奥さんの友人がイチジクを持ってくるはず。またジャム作りが始まる。

at 15:28, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/607