<< 久しぶりに | main | 私の秋が少し始まりました。 >>

君の名は

 我が家の周辺、そして、昨日登った安達太良山の登山口までの道路にもこの花が沢山風に揺れていた。シシウド、オオカサモチ、アマニュウなど似ているものが多く特定できない。花をアップで撮れば特定できると思ったが、わからない。

 秋の風にゆれる小花の集合は、レースのようで、しかも白、涼風とセットになって、自然のつくる舞台装置の巧みなことに大きな拍手を送りたい。演出家としては、主演のキャスティングをしてから、自ら脚本を書きたいと思うが、才能がないのは自明なので、夢見るだけのしておくことにする。

at 20:00, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/614