<< とまあ〜ているよ〜棹の先 | main | またもや頂き物で >>

痛みとともにt

 昨日、お客様の鈴木氏から、今年もすこぶるでかぶつの栗が届いた。御自身の実家の自慢の栗。これで渋皮煮をつくるにが毎年の仕事。今年のは、例年以上の大粒。そのわりに、鬼皮、渋皮ともに薄いので、果肉の充実感が際立つ。

 今日は、抜歯の予定だったので、辛い仕事は昨日のうちにかんりょうさせた。抜歯後の痛みとともに煮沸した瓶に渋皮煮をつめる。画像の逆立ちした瓶は、煮汁で瓶と蓋の間を埋め、空気の侵入を防ぐため。

 ロキソニンで痛みを抑えて食べた今年の渋皮煮は、すこぶるうまい。「うまい、いたい、うまい、いたい…」。

at 20:51, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/619