<< すぐお隣なので | main | 山形から京都へ >>

誕生日ですが

 兄から届いた銀杏を殻と薄皮を剥いて、画像のようにすぐに使えるようにととのえた。この歳になると誕生日といっても特にイヴェントが有るわけでもないので、一昨日はひたすら殻を剥いた。

 そして昨日は、薄皮剥き。鍋のなかで茹でながら、網杓子のうらで擦りつけると薄皮がとれると、ものの本に書いてあったが、大半を手で剥くことになった。

 現れた果肉の黄緑色に喜べたので苦労は封じ込めた。さあ、これをどうするか。前はスープにしたが。実の存在感は全くなくなる。今回は果肉そのものと、鮮やかな色はいかしたいと思うが、今はなにも出てこない。まあそのうちということにしよう。ちょっと疲れた。

at 17:57, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/624