<< 誕生日ですが | main | 残り紅葉というけれど >>

山形から京都へ

 先日は山形の青菜漬けをした漬けしたが、今日は千枚漬けのした漬け。画像は聖護院蕪の天地を切って、外皮を15ミリ程度剥いたもの。

 これを2ミリの厚さでスライスして塩でした漬けする。蕪のサイズにあったスライサーがないので、140ミリ以上の千枚漬けが出来ないのがちょっとつらい。このあと、柚子の果汁の皮、鷹の爪、出汁昆布、甘酢に漬けて熟成を待つ。

 剥いた外皮と葉は刻んで塩漬けにする。無駄がほぼでない、しまつが出来ることに自己満足。

at 13:45, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/625