<< 山形から京都へ | main | 根気強さA >>

残り紅葉というけれど

 先日の台風と降雪で、多くの木々が落葉した。林間の中低木の紅葉が際立つ。それらは、残り紅葉という言われ方をするが、私には蔑称のように聞こえる。

 林間の高木の幹との紅葉色の対比は、所謂紅葉とは別の世界のものであるはずだ。なんといったらよいかわからないが、のこりものではない、別の確立したジャンルだと思う。

 これから降雪までの少しの間、晩秋の味わいであることに間違いはないはず。

 我が家の紅葉を慈しむあまり、ちょっと力がはいったようだ。

at 10:36, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/626