<< 今年も可憐に勢揃い | main | いろいろの春が >>

久しぶりに

 所用で郡山に出掛けた帰りに、グリーンラインをとおる。この時期、私のなかでは、もっとも早いクロモジの開花がお目当て。猪苗代に見事な大群落があるが、早さに勝るこちらを愛でることにしている。

 しかし、時期尚早のよう。少し気落ちして車を進めると、路傍の中木に疎らな、しかも小さなパステル色の黄色が目に留まる。もしかして、やはりマンサク。春になるとまず咲くからマンサク。前は、近所のカーブの所に1本だけあったが、いつの間にか目にしなくなって久しい。

 本当に久しぶりのライブマンサク。儚げな様子に来年の出会いを願い、励ましたつもり。いつの間にか元気少し戻る。

at 20:03, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/650