<< いろいろの春が | main | 北国の春 >>

一番乗り

 雪が融け、シャクナゲノ雪囲いをはずした。窮屈そうにしていた枝葉が解放された喜びを少し感じたように見える。

 その足元の草花も地温の上昇を教えてくれるかのように、いろいろと芽を出し始めている。我が家にあるものはすべてが球根であったり、宿根草であるので、いつもの場所にいつもの奴が顔を出していないと心配。シラネアオイの発芽が疎らで気をもんでいると、すぐ下にあるイワウチワが数輪桃色の小花を咲かせ、きもちを和らげてくれた。

at 16:55, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/652