<< 北国の春 | main | 未来はプリマドンナ >>

2番手

 昨年の落ち葉の堆積のなかから、頼りなげな細い花柄を伸ばして花を咲かせたのはユキワリソウ。我が家に来て2年目の新参もの。イワウチワに次いでの開花。

 葉はこれからなのだろうが、彼らが落ち葉を掻き分け、十分に光合成を営んでくれることで、来年の開花が約束される。花を愛でながらも、彼らが我が家の一員として、一郭を占めてくれることを願う。

 辺りには間もなく開花するもの、力強く芽を出したものがいくつもある。古参、新参みんな頑張れ。

 

 

at 12:01, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/654