<< 2番手 | main | 今年こそは >>

未来はプリマドンナ

 露天風呂の前の沢に、いつの間にか沢山のミズバショウが開花した。春陽のせいか、今年はなにかはしゃいで見えた。

 バレエ教室のレッスン場で、小さな子供たちがレッスン前のひととき、それぞれの思いを胸に少しざわついているように見える。私は、付き添いの母親になったつもりで、我が子を見ている気分。(家の子が一番かわいい何て親バカを親バカを発揮しながら)子供たちはきっとプリマをみんなが夢見ているのだろう。だってみんな純粋で輝いているのだから。

at 17:08, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/655