<< 今年こそは | main | 今年もやっぱり >>

あちらこちらにタカラジェンヌ

 この時期、スミレが将にすみれ色の小花をつけ存在感を示している。大きな群落を作っているものもあれば、画像のように石組の間のわずかな土に根をはり生きているものもある。

 よくよくみると、花の容、色が異なる多様な種があることが分かる。種の多様性が覇権を維持する手段のようにも思える。近くに西洋タンポポもあるのではたしてどうなるか。

 この花を見ると「すみれの花〜咲くころ〜」と鼻唄がでてくる。この地にもタカラジェンヌのたまごがいっぱい居るように思えるのは、少し想像の飛躍しすぎか。でも、花たちがそうさせたということでご勘弁願いたい。

at 13:21, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/657