<< 今年もやっぱり | main | 花咲けじじい >>

真打ちの登場

 数日の降雨が今日やんで気になっていたヤマシャクヤクを見に行った。驚くことにとっくに開花をしていた。いろいろな花が春を華やいだ気分にさせてくれるが、この花ほど心踊るものはない。私のなかでは1番、他のものには申し訳ないが1番のお気に入りなのだ。ここが気に入ってくれたのか、毎年本数が増えている。

 花の時期は数日とすこぶる短いのだが、そこも気に入っている理由かもしれない。秋になるとこの可憐さからは想像できない1軒変身をする。その時はまたお見せします。彼らが春のとりを勤めてくれて、間もなく初夏。エゾヒグラシも鳴き出した。

at 16:12, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/659