<< 桜の後は・・・ | main | 雨に唄えば >>

北国の春

 
ここ2日ばかり春らしい暖かな日が続いた。するとまるで雨後の筍の如く、突然山全体が芽吹きだしたように、萌黄色が山を覆うようになった。猪苗代でズミが咲いたと言った口の端も乾かないうちにごらんの通り、裏磐梯のズミも満開。今年は桜もたくさん残っているので2つの春が同時展開と言う次第であります。画像は20年前からここが気に入り、別荘を建て、年間100日以上は通ってくる鍛冶工房スミスさんの家のもの。奥の楢林も芽吹いているのをごらんいただけるであろうか。これから緑色の色見本のカタログ状態が続き、葉邑のそよぎも堪能できる北国の春の「始まり、はじまり-」です。

at 20:07, オーナー, オーナー便り

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/66