<< ひまつぶし | main | 危機ですから >>

誰にでもあるはず

 昨日は埼玉に行った帰り、日本で一番長い日を過ごした。(夏至だったので)落日を眺めながらの運転はすこぶる気持ち良い。

 近頃、来月の山行にそなえて、夕方、檜原湖畔を自転車でちょっと筋トレのつもりで走る。落日間近の陽光に煌めく水面の逆光は、誰にとっても定番の光景で、しかも誰にとっても、一つや二つ思いでと呼べるものがあるこうけいであろう。自分の微かな思いでと合わせてそんなことを考えながら走る足踏みはあまり軽やかではないのだが、踏み続けることのできるものだ。明日も走ろうかな。

at 19:39, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/669