<< 満を持して | main | 納得の存在 >>

収穫と言うほどではトホホ

 今年も我が家のささやかな3本のブルーベリーがささやかな実をつけた。(その分実は大きいのだが)花が咲いて、結実して、実が熟れる。植物のとうぜんの営みだが、毎日当然のように食すものの履歴を知りはしないし、知ろうともしない、当然のように。

 そういう生きざまに当然問題ありとは思うのだが、さておき、履歴をライブで目の当たりにでき、そしてそれを口に入れることは、感動にちかいものがある。ものをつくることの経験のない身としては憧れと同時に、取り返しのできない後悔がため息として今日も出た。

at 14:06, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/677