<< 納得の存在 | main | 彼はやって来るのか >>

今年も、もも

 先週、福島市の果樹農家今野さんに桃を買いに行った。夏はいつも桃を使ってスープにしたり、ジャムを作ったりしている。

 サクランボは霜害で不作であったが、桃は順調のようす。収穫した桃を選別しているところで一服していると、機械的な無意味な音が断続的にする。音源が特定できず訊ねると、桃を一つ一つセンサーで糖度を計測しているとのこと。果樹農家の出荷までの投下労働量のなんと多いことか。気候に左右されながらも、良品を提供しようとする心根に脱帽。しっかりと使わせていただきます。

at 20:11, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/679