<< 二度目の開花か | main | 間に合いました >>

待ちに待った日が

 地元早稲沢のトウモロコシが盛りを迎えた。(地元では糖麦という)寒暖の差が大きく、夜間の気温が下がるからか、とにかく糖度が高い。これに出会えて、ここに住んで良かったと思うくらいだ。

 今日はいつもの直売所が店を開けたので、早速買いに行く。あるだけ、57本すべてを実を削いだら画像の量。バターとともに蒸し煮にしたタマネギと一緒に水を加えて蒸し煮を続ける。それからあ〜して、こ〜してコーンポタージュにする。

 今年も秋の楽しみのひとつが始まった。

at 20:12, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/684