<< 楽しみ | main |

必需品です

 毎年、この時期になると、知人Yさんから、画像の3種類の手帳が届く。

 加齢とともに、物忘れの頻度がまし、記録しておかないと、生活に支障を来すようになっている。

 昔は、記録の必要性はほぼ感じず、たまに、重要なことは、手の甲に書いたり、(ひらに書くと、いつの間にか消えてしまう)ジーパンの太ももの所に書いておけば事足りた。

 遠い記憶はあるのだが、日常の記憶はかなり薄い。食事をとったかどうかはまだ忘れていないが、何を食べたがちょっと怪しい。生活必需品に手帳がなったお年頃でございます。

at 13:57, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/692