<< 五月雨 | main | 昔を思い出す >>

見たこと無い奴が

 
左の手が腱鞘炎になり痛いことで、何もする気になれず、先日やっとマッサ-ジに行った。しかし、古傷は一度では無理、まだ痛い。そのためか、家にいることが多い。今は、鳥たちの繁殖期なのか普段見られない鳥たちがやって来る。先日はキビタキが営巣をした。今日は、午前中にアカショウビンがペアでやって来た。画像におさめる事かなわずがっかりしていたら、アカモズがやって来た。枝先で哲学しているようなので時間があり、画像に収めた。怪我の功名ということにしておこう。それにしてももず特有の眼光の鋭さは、枝先の高みにある孤高の姿と共に他を寄せ付けない厳しさをたたえ、久しぶりに、静謐なんて言葉を思い出させた。

at 18:33, オーナー, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://satchmo.jugem.jp/trackback/71